CDBMAXの副作用や大麻成分の危険性は本当に大丈夫?

f:id:cbd2019:20190912180030j:plain


 

Youtubeでシバターさんが”Dragon Ash KenKenを救いたい”というタイトルでアップされた動画を見た方も多いのではないでしょうか?

 

CDBMAXは合法大麻を使用した今大注目のVAPE(電子タバコの一種)なのですが、私たち日本人は大麻やHEMPというとマリファナを吸引して芸能人が捕まったりするようなニュースがすぐさま頭に浮かびます。

 

大麻というと禁止薬物とイメージされて「本当に大丈夫なのか?」と思う方も多いかもしれませんが、大麻成分の一部はすでに海外では医療の現場で使われるほどの信頼性の高いものなのです。インターネットでも購入できるようになった合法大麻成分が入ったCDB MAXは本当に安全なのでしょうか?また吸引する事によって副作用は無いのでしょうか?

 

CDBMAXの大麻成分とは

 

CDBMAXに使われている大麻成分についてはWHOが認めている体に害のないものなのですが、今までの身体や精神に害を与える大麻成分とどう違うのでしょうか?

 

1つの大麻から取れる2つの成分の違い

 

大麻成分は大まかにCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)の2つに分けられます。2つの成分の大きな違いについて見てみましょう。

 

THC(テトラヒドロカンナビノール)は精神錯乱や幻覚などを引き起こす可能性のある精神的にダメージを与える作用の強いもので法律で禁止されています。今まで大麻所持などで逮捕されるといったニュースで見かける事件はTHC成分を体内に入れる目的で使用した事によるものです。

 

CBD(カンナビジオール)はその一方で精神や神経への悪い影響がないどころか医学的にも様々な良い効果をもたらすという事で海外では医療用大麻として病気の治療に使われています。

 

大麻に関しては薬効成分の研究がかなり進んでおり日本でも生体への健康効果に関しては肯定的な見方が強まってきました。

 

CDBMAXの効果を口コミから検証

 

CDBMAXの効果について実際に使用したことのある人の口コミを見てみると…

・仕事中に疲れやストレスを感じているときにCDBMAXを数と頭がスッキリして作業効率が高くなる

 

・イライラしているときに吸うとリラックスできて気持ちのコントロールができるようになった

 

不眠症気味の人が就寝前に吸引すると落ち着いてよく眠ることができるようになった

 

                         >>CDBMAXの口コミをみる

 

 CDBMAXについて人それぞれですが、口コミからはイライラが治る・リラックスできる・仕事に集中できるなどの効果を感じているという意見が目立ちます。

 

医療の現場では本当に数多くの病気に効果があるとされていますが、代表的なものとして不眠症・慢性的な体の痛み・てんかんエイズ患者への良い影響やガンを抑制する効果など、数え切れないほどの医療的効果が認められており、現在でも研究中です。

 

CDBMAXの副作用について

 

CDBMAXの副作用についてですが、CDBについて海外では既に2,000万人以上の愛用者がいますので安全性が高いのはわかります。WHOではCDBの安全性を認めており中毒性や幻覚作用は一切ないと保障されています。

 

しかし、人によってはまれに体質に合わないこともあるようですのでその一例を挙げると…

 

・唇が乾きやすくなることがある

・眠たくなる

・気分が高まる、落ち着くなどの気分の変化がある

 

ただし、これらの副作用の報告事例で共通しているのは”過度の使用”が原因となっています。CDBがいくら体に良いものだとは言っても服用のしすぎには注意が必要です。

 

CDBMAXは実際にどんな人が使っているの?

 

CDBMAXを使用している人はやはりストレスを抱えているサラリーマンが多いようです。仕事中のパフォーマンスの低下を改善したり、大切な睡眠を質の良いものに高めるなどの目的で使用しているケースがたくさん見られます。ストレスを抱える事の多い女性にも人気がある理由はタバコとは違って見た目を気にせずに使用できるところです。中には更年期を迎えた女性のイライラを改善するなどの目的で使用しているという意見もありました。

 

CDBMAXを実際に使っている方はサプリメントのように悩みを改善するといった目的で使用する一般の人が目立っています。

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain