CBDMAXの口コミとレビュー!禁煙者の私が購入してみた結果…

f:id:cbd2019:20190929233713j:plain



CBDMAXを購入してみました!実際に使ってみて感じたことをレビューします。最近ではかなり有名になってきたCDBMAXの口コミもいろんなサイトで見かけるようになってきました。

 

商品名を耳にすることが増えてきたのですが実際のところCBDMAXっていったい何?といった疑問を持つ人もまだまだ多いようですね。

 

youtubeでシバターさんの動画も10万回再生をとっくに超えるくらい観られているようですが商品については今ひとつどんなものか分かりにくい…。どんな商品なのか簡単な説明と実際に使ってみてどうだったのかレビューしていきます!

 

CBDMAXって合法大麻なの?

 

CBDMAXは合法大麻なのかについては、「CBDMAXは合法大麻ではありません」とはっきりと答えることができます。何故ならばCBDMAXは”医療用大麻成分”を生活に取り入れるためのものです。なので使用目的が一般的に想像される”遊び”ではなく、身体や精神に何らかの問題を抱えている人がサプリメントを摂取するのと同じ目的で使用するといった感じです。

 

CBDMAXに使用されているCBDと言われる大麻から取れる成分は身体や精神に良い影響を与えたり、諸外国では既に医療の現場で使われている成分です。アメリカの一部の州ではジュースやOIL、化粧品としてコンビニエンスストアやスーパーなどでも気軽に購入できます。

 

CDBMAXを実際に使ってみたレビュー・感想

 

私がCBDMAXを購入した理由は、普段自分ではよく眠れたと思っていたのですが朝が苦手でした。友人に相談したら「多分、睡眠の質が悪い」と言われたのがきっかけです。ネットで睡眠系のサプリを探していたところ、CBMAXを知り口コミをみて質の良い睡眠がとれると書いてあったので試しに購入してみました。

 

商品が到着したその日の夜に、封を切ってそのまま吸ってみました。実際のところ私は喫煙者ではないので煙を吸うということに抵抗があったのですが、CBDMAXは煙というより水蒸気のような感じでした。でもどうやって吸い込むのか感覚がわからずに苦労しましたが「何となくこんな感じかな」という程度で吸って、その日はそのままベッドへ。

 

そしてベットに入ると体がポカポカしてくるようなじんわりと精神的にリラックスできるような感覚があってすぐに眠りについたのを覚えています。

 

翌日、朝目覚める時に確かにいつもとは少し違って爽やかな感じで目覚めることができました。日中も今までのように何度も眠気に襲われることもなく、シャキッとした1日を過ごすことができて「これは、噂どうりだな」と感じました。

使う人によって個人差はあると思いますが私はそれ以来、毎日ではないのですがストレスを感じた日などに使用するようにしています。

 

CBDMAXは1本で400~500回吸引できるので私のような使い方ならば1ヶ月は十分もちますし、タバコのようにニコチンやタールも含んでおらず、常習性はないようで「また吸いたい」といった感じはありません。

 

私はオーガニック100%というところも気に入っていて、サプリよりも体に良さそうですしこれからも続けて行こうと思います。

 

                     >>CBDMAX 公式サイトはこちら

 

CBDMAXについてその他の口コミ

 

CBDMAXを実際に使った人の口コミを調べてみました。

 

中には、CBDMAXが身体に合わなかった人もいて、吸って少しすると体がフワフワするような感覚があって横になっても収まらなかったり、吸った後に口が乾いてたくさんの飲み物を欲した、という意見もありました。

 

そのような意見は一部で、口コミの大半は仕事中のストレスから解放された、イライラが収まった、すぐに眠れるようになった、深い眠りが得られるようになったなど、良い口コミがたくさんみられます。

 

私は睡眠が大切だと思うのですが、他の人も良い睡眠が得られたという口コミが目立っていました。CBD成分をこんなにも簡単に取ることができるCBDMAXはサプリよりもおすすめです。

 

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain

 

CBDMAX購入する前に、これだけは注意しておいた方がいい事

f:id:cbd2019:20190923221110j:plain

つい最近になってのことですが、大麻から取れるある成分が体に良いと世界中で話題になっています。大麻というと今まではネガティブなイメージしかなかった方も多いはずですが、実は以前から大麻の成分については様々な治療に使えるのではないかと臨床実験や研究が行われてきました。

 

”医療用大麻”という言葉も昔から時々は耳にしていたかもしれません。しかし、最近になって大麻から取れるある一部の成分が人間だけでなく、生き物全てに何らかの良い結果が与えられることが本格的にわかってきました。

 

今話題のCBDMAXは私たちが手軽に手に入れることができる”医療用大麻”成分であるCBDを使った製品です。これから購入してみようかな?と考えている人に、CBDMAXを購入する上で注意したい点についてまとめましたので是非、参考にしてください。

 

CBDMAXって一体なに?

 

CBDMAXはyoutubeでシバターさんも宣伝しています。動画を見た方も多いと思いますが実際のところCBDMAXってどんなものなのでしょうか?

大麻から取れる成分の一部であるCBD(カンナビジオール)が人間の体にとても良い影響を与るということで、それを電子タバコのように体内に吸引するというものがCBDMAXです。

 

CBDは今までにも製品としてありましたが、オイルを実際に飲むものやクリームとして美容に使う商品が多かったのですが、CBDMAXは煙としてまるでタバコのように口から吸引します。

 

CBDにはいろんな摂取の仕方があります。OIL状になっているものが一般的ですが精神科医の発言でもわかる通り、飲み込んで摂取するよりも蒸気によって肺から吸収する方が効率よく体内に摂取できるということが医学的にもわかってきました。

                      >> CBDMAXについて詳しく見る

CBDMAXの正しい使いかた

 

CBDMAXの正しい使い方の前に、CBDMAXは一体どんな人におすすめの商品なのでしょう?

 

CBDMAXはストレスの多い現代社会のお手伝いができるものです。ストレスによって自律神経がリラックスできずに夜になっても中々眠りに付けない、深く眠れないなどの悩みを抱えている人や、毎日が不安で落ち着かないために常にストレスを感じている人には特におすすめです。

 

人間がストレスを感じる原因の一つに元々人間の体内にある成分であるカンナビノイドの欠乏が関係していることがわかってきました。そこでCBD(カンナビジオール)を体内に入れることによってストレスの緩和に役立ちます。

 

CBDMAXの使い方はとても簡単でVAPE(べイプ)としてまるでタバコのように吸引します。箱から取り出して吸う、それだけです。

 

f:id:cbd2019:20190923221207p:plain



CBDMAXを使うタイミングですが、ストレスを感じた仕事の合間や気分をリフレッシュしたい時、また睡眠前に吸引することによって質の良い深い眠りを得ることができます。

 

使うタイミングに関しては特に注意点はありませんが、電子タバコと同じように禁煙のレストランや公共の場所では吸うことができませんので、喫煙できる場所での吸引となります。

 

 

CBDMAXを購入する上での注意点

 

CBDMAXを購入する上での注意点ですが、VAPE(べイプ)ですのでいわゆる電子タバコのような使い方をしますがCBDMAXはタバコではありません。タバコではないのでニコチンやタールは一切含まれていないところも特徴です。

 

喫煙者の方がタバコをイメージしているとしたら、それは違いますので購入の際には注意が必要です。

 

大麻成分なので購入や所持する上で心配という方もいらっしゃいますが、非合法とされる大麻成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は一切含まれておらず、WHO(世界保険機構)においてしっかりとした安全性が認められた成分のみでできていますので、日本国内でも安心してご購入いただけます。

 

CBDMAXのようにCBDを電子タバコやべイプのように煙として吸引するものもありますが、肺疾患の原因と考えられる有害な成分を使用しているものがあるとアメリカのニュースで報じられていいるようですが、CBDMAXはそのような成分を一切含んでいないので安心して購入できます。

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain

 

CBDMAXはうつ病や不安症の人でも使えるの?

f:id:cbd2019:20190920155940j:plain

 

日本でもCBDが販売されるようになりました。中でも今話題になっているのがCBDMAX。シバターさんがyoutube動画でCBDMAXについて語っていることもあり日本でも徐々に認知度が上がってきている大麻成分のCBDですが、中でもCBDMAXは煙として大麻成分を肺から吸引するようになっています。

 

CBDMAXは海外では既に医療用大麻として医療の現場で使われている成分で、様々な臨床実験の結果から人体に良い影響を与えることがわかってきました。

 

特にCBD成分が、うつ病などの精神的な部分に効果が高いということもたくさんの臨床実験でデータが集まってきています。 実際にCBDMAXの吸引によってうつ病などにどのような影響があるのでしょうか?

 

CBDMAXに使用されているCBDとは?

CBDMAXに含まれる主な成分はCBDです。そしてCBDは大麻から抽出されます。

大麻は薬用植物としても認められており、麻からは500種類以上の成分が取れることがわかっていますが、その中でもマリファナと呼ばれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は人間の精神に大きな影響を与える危険な成分とされています。

 

もちろん非合法なので所持したり吸引などで体内に取り入れることは認められていません。

 

一方、CBDMAXの主成分であるCBDはカンナビジオールと呼ばれる成分で、THCとは全く別の働きをします。

 

CBD:Cannabidiol、カンナビジオール THCが0.3%未満の産業用品種に多く含まれており、THCに次ぐ有名な成分です。THCのような精神作用を引き起こさない。海外ではCBDを10%以上の高濃度に含む品種も開発されている。2009年の文献レビューでは、抗不安、抗てんかん、神経保護、血管弛緩、抗けいれん、抗虚血、抗ガン、制吐、抗菌、抗糖尿、抗炎症、骨の成長促進についてCBDの薬効が列挙されています。

 

日本臨床カンナビノイド学会HPより 

 

CBDMAXに使用されているCBDは精神に強烈な影響を与えることはなく、不安を軽減させたり、神経を保護したり、けいれんや転換を抑えるなどの作用があります。

 

CBDMAXはうつ病に効く?

不安症やうつ病は長期的に健康や社会生活に影響を及ぼし、時には深刻な問題に発展することもあります。精神科に通うと、その人の鬱や不安症に合わせた薬を処方されますが、一度薬を飲み始めると徐々に薬の量が増えて行く、薬をやめられなくなるという状況になってしまうことも少なくありません。



 

CBDは多くの臨床実験のエビデンスがありその中に不安を和らげる、深く良い睡眠が得られる、不安を軽減させて心を落ち着かせる、などの結果が報告されています。研究の結果CBDは抗うつ薬として期待されていると研究者らは述べています。

 



CBDMAXで使用されているCBDは世界保健機構(WHO)が認めた効果のある成分だけを使っているので『うつ病に対して期待できる』と言えます。

 

CBDMAXを吸引するとどんな効果が得られるの?

CBDMAXを吸引すると実際にどんな効果が得られるのかについてですが、仕事のストレスにより神経が高ぶって寝つきが悪かったのが寝つきも良くなりぐっすり眠れるようになった、様々なプレッシャーによりたまりがちなストレスから解放された、など口コミから多くのリラックス効果や精神的なリフレッシュ効果によるパフォーマンスの向上などの効果があることがわかります。

 

CBDの臨床実験から得られた効果が今は一般でも気軽に得られるようになりました。実際に自律神経やメンタルヘルスの研究を行う精神科医も認めるCBDは、肺から吸引することによって効率的に摂取できると医学的にも認められています。

 

                      >>CBDの効果について詳しく見る

 

CBDMAXは大麻成分なのに合法なわけ



同じ1つの大麻から取れる2つの成分の大きな違いには驚きですが、医療用大麻については海外ではかなり前から実験が行われており、実際に医療の現場でも使われてきました。厚生省が輸入を認め、ようやく日本でも手に入るようになってきたCBD成分。

 

今までの合法ドラッグなどとは全く異なるCBDの効果を試してみたくなりますよね。

 

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain

CDBMAXの副作用や大麻成分の危険性は本当に大丈夫?

f:id:cbd2019:20190912180030j:plain


 

Youtubeでシバターさんが”Dragon Ash KenKenを救いたい”というタイトルでアップされた動画を見た方も多いのではないでしょうか?

 

CDBMAXは合法大麻を使用した今大注目のVAPE(電子タバコの一種)なのですが、私たち日本人は大麻やHEMPというとマリファナを吸引して芸能人が捕まったりするようなニュースがすぐさま頭に浮かびます。

 

大麻というと禁止薬物とイメージされて「本当に大丈夫なのか?」と思う方も多いかもしれませんが、大麻成分の一部はすでに海外では医療の現場で使われるほどの信頼性の高いものなのです。インターネットでも購入できるようになった合法大麻成分が入ったCDB MAXは本当に安全なのでしょうか?また吸引する事によって副作用は無いのでしょうか?

 

CDBMAXの大麻成分とは

 

CDBMAXに使われている大麻成分についてはWHOが認めている体に害のないものなのですが、今までの身体や精神に害を与える大麻成分とどう違うのでしょうか?

 

1つの大麻から取れる2つの成分の違い

 

大麻成分は大まかにCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)の2つに分けられます。2つの成分の大きな違いについて見てみましょう。

 

THC(テトラヒドロカンナビノール)は精神錯乱や幻覚などを引き起こす可能性のある精神的にダメージを与える作用の強いもので法律で禁止されています。今まで大麻所持などで逮捕されるといったニュースで見かける事件はTHC成分を体内に入れる目的で使用した事によるものです。

 

CBD(カンナビジオール)はその一方で精神や神経への悪い影響がないどころか医学的にも様々な良い効果をもたらすという事で海外では医療用大麻として病気の治療に使われています。

 

大麻に関しては薬効成分の研究がかなり進んでおり日本でも生体への健康効果に関しては肯定的な見方が強まってきました。

 

CDBMAXの効果を口コミから検証

 

CDBMAXの効果について実際に使用したことのある人の口コミを見てみると…

・仕事中に疲れやストレスを感じているときにCDBMAXを数と頭がスッキリして作業効率が高くなる

 

・イライラしているときに吸うとリラックスできて気持ちのコントロールができるようになった

 

不眠症気味の人が就寝前に吸引すると落ち着いてよく眠ることができるようになった

 

                         >>CDBMAXの口コミをみる

 

 CDBMAXについて人それぞれですが、口コミからはイライラが治る・リラックスできる・仕事に集中できるなどの効果を感じているという意見が目立ちます。

 

医療の現場では本当に数多くの病気に効果があるとされていますが、代表的なものとして不眠症・慢性的な体の痛み・てんかんエイズ患者への良い影響やガンを抑制する効果など、数え切れないほどの医療的効果が認められており、現在でも研究中です。

 

CDBMAXの副作用について

 

CDBMAXの副作用についてですが、CDBについて海外では既に2,000万人以上の愛用者がいますので安全性が高いのはわかります。WHOではCDBの安全性を認めており中毒性や幻覚作用は一切ないと保障されています。

 

しかし、人によってはまれに体質に合わないこともあるようですのでその一例を挙げると…

 

・唇が乾きやすくなることがある

・眠たくなる

・気分が高まる、落ち着くなどの気分の変化がある

 

ただし、これらの副作用の報告事例で共通しているのは”過度の使用”が原因となっています。CDBがいくら体に良いものだとは言っても服用のしすぎには注意が必要です。

 

CDBMAXは実際にどんな人が使っているの?

 

CDBMAXを使用している人はやはりストレスを抱えているサラリーマンが多いようです。仕事中のパフォーマンスの低下を改善したり、大切な睡眠を質の良いものに高めるなどの目的で使用しているケースがたくさん見られます。ストレスを抱える事の多い女性にも人気がある理由はタバコとは違って見た目を気にせずに使用できるところです。中には更年期を迎えた女性のイライラを改善するなどの目的で使用しているという意見もありました。

 

CDBMAXを実際に使っている方はサプリメントのように悩みを改善するといった目的で使用する一般の人が目立っています。

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain

CDBMAX依存症について心配している方へ、本当のところは?

 

f:id:cbd2019:20190912174606p:plain

日本でもCDBの輸入が解禁となり、既にオイルとして取り入れたり煙として吸引を初めている人も増えてきているようですね。そこで最近話題となっているのがCDBMAX(シーディービーマックスです。CDBをこれから取り入れてみようと思っている人の中には”依存症”が気になっている人もいるようです。

こちらの記事ではCDBMAXの依存症に関して徹底検証しました。これからCDBMAXを購入してみようと考えている方は是非、参考にしてください。

CDBMAXは合法ドラッグなの?

 CDBMAXとは一体どういったものなのでしょうか?格闘家のシバターさんもyoutubeで紹介されています。

CDBMAXとは大麻成分であるCDBを電子タバコで吸引するものです。一般的に大麻といえば違法ドラッグで体にいいどころか精神的にも悪い影響を与えそうな気がしてしまいます。ましてや持っているだけで警察に捕まってしまうというような”悪い”イメージが強いのが現実です。

 

しかしアメリカをはじめカナダやヨーロパなどの諸外国では既に大麻は医療の現場で使用されています。医療で使用されているのは同じ大麻でも一般的に私たちが想像する大麻とは働きが全く違います。

 

大麻から取れる成分を大まかに2つに分けるとCDB(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)に分かれます。後者のTHC(テトラヒドロカンナビノール)は精神に与える作用が非常に強く、精神の攪乱や幻覚を引き起こすと言われ、こちらの成分はもちろん非合法です。

 

もう一方のCDB(カンナビジオール)と呼ばれる成分が今注目の体に良い大麻成分で、CDBMAXはこちらの成分のみを抽出して煙として体内に吸引する製品です。CDBを体内に入れることによって睡眠障害が緩和された、ストレスやイライラから解放された、集中力が増した…など口コミなどをみるとたくさんの良い事例が報告されています。

 

                       >> CDBMAXの口コミを見る

 

他にも、てんかんや痙攣の減少や強い抗酸化作用があり、自己免疫疾患やアルツハイマー、慢性的な痛みの緩和、殺菌作用にも効果があるなど様々な効果が日本カンナビノイド学会で報告されています。

 

CDB成分を使ったCDBMAXは合法ドラッグなどとは全く違う製品であることがわかります。


CDBMAXの依存症について


CDBは世界保健機構のWHOが人体への有効性を高く評価した成分です。とはいえ大麻成分なだけに依存性はないのでしょうか?ウィキペディアでは”依存はみられない”としています。

 

多くの試験から良好な安全性の特徴、忍容性があり、テトラヒドロカンナビノール(∆9-THC、以下THCと表記) のような典型的な効果(精神作用)はなく、乱用、依存、身体依存、耐性はみられない。CBDは広く医療への応用の可能性があるとみなされている臨床報告によると、副作用が少なく、特に向精神作用がなく、精神運動学習や心理的な機能に影響がない事などがその理由である。医薬品としての治験が完了しているものがあり、また規制を緩和した国が見られる。

薬物規制に関する国際条約による規制はない。日本では主にこれを含有する健康食品として流通している。

 

アメリカなどでは現在CDB入りの清涼飲料水が”機能性健康飲料”としてコンビニエンスストアで購入できるようになっています。誰でも購入できるコンビニエンスストアでCDBが手に入るわけですから”依存性”については安全性が確認された上で販売されている、ということになります。

 

CDBは大麻成分ですが依存性が認められないというわけですから、CDB成分を体内に吸引するためのCDBMAXにも”依存性はない”という判断で正しいと言えるのではないでしょうか。


まとめ
 

大麻成分のCDBは現在、世界中で大注目されています。日本でも健康意識の高い人たちの間では効果があり、副作用がないものとして早々と生活に取り入れられてきました。多くの製品はOILとして表皮につけたりする使い方がほとんどでしたが、CDBMAXはまるでタバコのような小さな形状で、持ち運びもしやすく外出先や仕事中でもいつでもCDBを体内に取り入れることができ、気になる症状の緩和に役立てることができると人気が高まっています。


f:id:cbd2019:20190724214754j:plain


 

CBDMAXで精神が落ち着くっていうけどヤバイ効果も…?

f:id:cbd2019:20190912172227p:plain

CDBMAX 落ち着く

最近日本でも話題になっているマリファナ成分を使ったCBD製品について気になる本当のところを調べてみました。実際にCBDMAXを使った人の感想を見てみるといろんな意見がありますが”精神的に落ち着く”といった口コミが目立っています。

既にアメリカなどではCBDを使った製品が清涼飲料水として普通に販売されているようですが”精神的な落ち着き”を得るために何か飲むというのは、リラックスのためにコーヒーや緑茶などのカフェインを取るといったことに近いのかもしれません。しかしスタバでもカフェイン抜きのコーヒー『デカフェ』のメニューがあるくらい、カフェインを嫌う人も増えているのも事実です。

 

CBDMAXが体や精神に与える影響や、本当に落ち着いたりリラックスする効果があるのかについてまとめました。

 

CBDMAXの落ち着き効果とその理由

 

CBDMAXの落ち着き効果…その前に「CBDMAXって一体何?」ということを簡単にお伝えすると現在世界中で話題になっている大麻成分CBDを使った電子タバコです。大麻成分を煙として体内に吸収する製品で、CBDMAX(シーディービーマックス)とは商品名です。

 

大麻といっても、もちろん合法ですが”合法ドラッグ”として遊び感覚で吸引するといった使い方ではなく、真剣に体に与える良い効果を得るために吸う、心身ともに健康を目指す大人たちの間で話題になっているのがCBDMAXなのです。

 

CBDとは海外では今現在、医療用大麻としても使われている大麻から抽出した有効成分のこと。この成分は世界保健機構WHOが2017年に有用性を認めている人体に良い影響を与えるナチュラメディスンともいえます。

CBDとは大麻から取れるカンナビジオールという成分の名称です。この成分についてはかなり前から研究が進められていて、現在では医学的研究は1000件にも登っており様々な有用な作用について、また安全性についても研究が進んでいます。そのため2018年頃から日本でも注目が集まっています。

 

様々な有益な効果の中でも”落ち着き効果”や”リラックス効果”が目立っています。実際に使用した人の口コミを見てもそのような効果を感じている人が多いようです。

 

CBDMAXを実際に使った人の口コミ


男性/30代

仕事でストレスを抱える事が多いし、休みも中々リラックスする時間を取ることができませんでした。休みの日にゆっくりしたいと思ってもリラックスできているのかどうかわからない状態で、神経が常に高ぶったような感覚が残ったまま月曜日を迎える…そんな日々が続いていたので友人に紹介されてCBDMAXを試してみたら、精神的に落ち着くというかかなりリラックスできて、仕事と休みの切り替えがしっかりできるようになりました。


男性/30代

1日中PCの画面を眺めているせいか潜在的に疲れが溜まってスッキリできない毎日でした。自分はCDBMAXを仕事中に使っているのですが、高ぶった神経が落ち着いてイライラやミスが減り、かなりいい感じで仕事が進みます。

 

CBDは基本的に体の機能を調節して活性化する成分でもあり、身体のバランスを保つことができるようにしてくれるのです。特に夜眠れない、すぐに目が覚めてしまうといった睡眠に関する悩みを抱えている人は、CBDMAXを睡眠前に吸引することによって質の良い眠りを得ることができ、それによって翌日の仕事などのパフォーマンスが上がるといった口コミもあります。

 

                    >>CDBMAXのその他の口コミをみる 

CBDMAXのその他の効果について

 

CBDMAXに使用されているCBDには”落ち着き”や”リラックス”以外にも様々な効果が発表されています。

 

てんかんの発作やけいれんを抑える

 

てんかんを抑える効果はCBDの代表的な作用です。医学的な研究結果が発表されていて海外では治療用に使われています。

 

・抗酸化作用

 

体内の活性酸素を抑制する効果は加齢からくる様々な問題を和らげる作用があります。細胞の回復作用もあり、皮膚の老化を遅らせる作用も期待できます。

 

・消炎作用

・慢性的な痛みを緩和させる作用

・etc…

 

がん細胞が増えるのを抑制する作用もあるなど、海外の臨床試験では有益な事例がたくさん紹介されています。

 

 

CBDMAXの副作用や危険性について

 

CBDが人体に多くの効果があることが臨床試験でもわかってきており、CBDMAXを実際に使った人からもたくさんの良い口コミがありますが、実際には大麻から取れる成分ですから本当に副作用や危険性はないのかが気になります。

 

大麻から取れるCBDは茎や種から抽出します。麻のこの部分にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる精神に異常をきたしたり、依存症になるなどの成分はほとんど見られません。そのため”危険性はない”とされています。

 

CDBMAXの成分はもちろんCBDなので体内に入れることの危険性はないと言えます。副作用については過剰摂取による口の渇きなどの報告がありますが、あくまでも普通の摂取量を超えて使用したことによるものなので、普通に使用する場合においては副作用もないと言えます。

 

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain

 

CBDMAXは電子タバコになるの?年齢制限は?

f:id:cbd2019:20190804163433j:plain


 

CBDMAX、ちょっと試してみたいけどまだ未成年だし…みたいな方はいらっしゃいますか?

CBDMAXはVAPEという電子タバコの1種になります。

VAPEは”リキッド”…つまり香料を電気のちからで熱して水蒸気を発生させ、それを喫煙して楽しむものです。

 

電子タバコだからCBDMAXは未成年は吸えない、年齢制限がある・・・と思われるかもしれませんが、CBDMAXはニコチンやタール等の成分が入ってないので年齢制限なし、未成年でも使用はOKです!

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain

 

しかし、気をつけていただきたい点がいくつかあります。

まずCBDMAXの利用規約を確認すると

 

1.会員が未成年者の場合、本商品を購入するために保護者の同意が必要となります。 必ず、同意を得た上でチェックボックスにチェックをお願いします。

 とあります。

なので未成年者がCBDMAXを購入するには保護者の同意は必要ですので、相談したあと利用規約にチェックを入れて購入していただくようにお願いします。

 

また、一般の方から見るとCBDMAXは年齢制限がない!なんてことはわからないと思います。

警察の前で吸って

”これはVAPEなんで使用OKでした~~!”

みたいな誤解を招く行動はやめておきましょうね。

 

同様に禁煙の場所で吸うのも法律的には問題ありません。

しかし、禁煙の飲食店でこれ見よがしに吸ったりするのはマナー違反です。

周りの人への配慮はちゃんとしましょうね^^

 

隠れて一人でコソッと吸ってください…とまではいいませんが、時と場合を考えて吸いましょうね^^

 

CBDMAXはどんな病気に効果があるの?

CBDMAXは精神を落ち着かせる効果があります。

麻から取ることができる成分、CBDは以前高樹沙耶さんの発言で少し話題になった医療大麻と言われるジャンルのもの。

日本で認められてるわけではないですが、米国などでは以下の病気に有効性があると確認されています。

 


統合失調症

クローン病
糖尿病
抗生物質性感染症

慢性関節リウマチ
PTSD
心血管疾患
不安
多発性硬化症

 

精神を安定させる効果があるものであれば確かに統合失調症や不安に効果があるというのはわかりますが、ガンやリウマチ等、現在の医学で完全に治すのは難しいものにも効果が認められているのですね。

 

まだまだこれからの分野ではあるのでしょうが、今後医療大麻の研究が進んでくれば今治らない病気にも改善策があるかもしれないと思うとちょっと希望が持てますね。

 

上に上げた病気の数々は未成年者がなってもおかしくない、年齢制限なんてないものです。

そういう病気に悩んでる方が試しに使ってみるのは非常にいいことだと思います。

 

どんな病気でもCBDMAXを吸えばたちどころに回復!とかは思ってませんが(笑

少しでも治療の手助けになるのであれば、未成年者でも迷わず使っていいと思いますよ^^

 

f:id:cbd2019:20190724214754j:plain