CDBMAX依存症について心配している方へ、本当のところは?

 

f:id:cbd2019:20190912174606p:plain

日本でもCDBの輸入が解禁となり、既にオイルとして取り入れたり煙として吸引を初めている人も増えてきているようですね。そこで最近話題となっているのがCDBMAX(シーディービーマックスです。CDBをこれから取り入れてみようと思っている人の中には”依存症”が気になっている人もいるようです。

こちらの記事ではCDBMAXの依存症に関して徹底検証しました。これからCDBMAXを購入してみようと考えている方は是非、参考にしてください。

CDBMAXは合法ドラッグなの?

 CDBMAXとは一体どういったものなのでしょうか?格闘家のシバターさんもyoutubeで紹介されています。

CDBMAXとは大麻成分であるCDBを電子タバコで吸引するものです。一般的に大麻といえば違法ドラッグで体にいいどころか精神的にも悪い影響を与えそうな気がしてしまいます。ましてや持っているだけで警察に捕まってしまうというような”悪い”イメージが強いのが現実です。

 

しかしアメリカをはじめカナダやヨーロパなどの諸外国では既に大麻は医療の現場で使用されています。医療で使用されているのは同じ大麻でも一般的に私たちが想像する大麻とは働きが全く違います。

 

大麻から取れる成分を大まかに2つに分けるとCDB(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)に分かれます。後者のTHC(テトラヒドロカンナビノール)は精神に与える作用が非常に強く、精神の攪乱や幻覚を引き起こすと言われ、こちらの成分はもちろん非合法です。

 

もう一方のCDB(カンナビジオール)と呼ばれる成分が今注目の体に良い大麻成分で、CDBMAXはこちらの成分のみを抽出して煙として体内に吸引する製品です。CDBを体内に入れることによって睡眠障害が緩和された、ストレスやイライラから解放された、集中力が増した…など口コミなどをみるとたくさんの良い事例が報告されています。

 

                       >> CDBMAXの口コミを見る

 

他にも、てんかんや痙攣の減少や強い抗酸化作用があり、自己免疫疾患やアルツハイマー、慢性的な痛みの緩和、殺菌作用にも効果があるなど様々な効果が日本カンナビノイド学会で報告されています。

 

CDB成分を使ったCDBMAXは合法ドラッグなどとは全く違う製品であることがわかります。


CDBMAXの依存症について


CDBは世界保健機構のWHOが人体への有効性を高く評価した成分です。とはいえ大麻成分なだけに依存性はないのでしょうか?ウィキペディアでは”依存はみられない”としています。

 

多くの試験から良好な安全性の特徴、忍容性があり、テトラヒドロカンナビノール(∆9-THC、以下THCと表記) のような典型的な効果(精神作用)はなく、乱用、依存、身体依存、耐性はみられない。CBDは広く医療への応用の可能性があるとみなされている臨床報告によると、副作用が少なく、特に向精神作用がなく、精神運動学習や心理的な機能に影響がない事などがその理由である。医薬品としての治験が完了しているものがあり、また規制を緩和した国が見られる。

薬物規制に関する国際条約による規制はない。日本では主にこれを含有する健康食品として流通している。

 

アメリカなどでは現在CDB入りの清涼飲料水が”機能性健康飲料”としてコンビニエンスストアで購入できるようになっています。誰でも購入できるコンビニエンスストアでCDBが手に入るわけですから”依存性”については安全性が確認された上で販売されている、ということになります。

 

CDBは大麻成分ですが依存性が認められないというわけですから、CDB成分を体内に吸引するためのCDBMAXにも”依存性はない”という判断で正しいと言えるのではないでしょうか。


まとめ
 

大麻成分のCDBは現在、世界中で大注目されています。日本でも健康意識の高い人たちの間では効果があり、副作用がないものとして早々と生活に取り入れられてきました。多くの製品はOILとして表皮につけたりする使い方がほとんどでしたが、CDBMAXはまるでタバコのような小さな形状で、持ち運びもしやすく外出先や仕事中でもいつでもCDBを体内に取り入れることができ、気になる症状の緩和に役立てることができると人気が高まっています。


f:id:cbd2019:20190724214754j:plain